Wi-Fiルーターとは

自宅でインターネットが使える時代となり、IT産業は全盛を迎えています。
インターネットサービスで必須と化したWi-Fiが存在しますが、そこにつなぐための接続機器がWi-Fiルーターです。
サービスとして、Wi-Fiの名称や使い方については知っている人は多いですが、Wi-Fiルーターの細かい仕様については知らない人がいます。
この機能や選び方などについて、説明いたします。

Wi-Fiルーターの役割は、プロバイダーから受け取ったグローバルIPアドレスを、LANと呼ばれるルーターの内側で使っているプライベートアドレスに書き換えて、WANと呼ばれる外部ネットワークから送られてくるデータをLAN側の機器で受信できるようにする働きを持ちます。
端的にまとめると、自宅で外部からのデーターを受け取るための窓口として役割を果たすのです。
Wi-Fiルーターをつけることによって、複数の機器が同時にネットワークに接続できますし、自動的に他の機器のデータが届かないようになっています。
Wi-Fiルーターはルーターの一部ではありますが、無線LAN機能を持ったものに対してそのように名付けていて、家庭用ルーターのほとんどがWi-Fiルーターです。
Wi-Fiルーターには、コンセントにつないで、ADSLや光回線などの固定回線にLANケーブルを接続して使う据え置きタイプと、バッテリー内臓型の、3GやLTE、WiMAXといった携帯電話網に接続するモバイルルーターがあります。



Copyright © 2014 Wi-Fiルーターの乗り換え All Rights Reserved.